« ロズベルグ(メルセデス)、「モナコでのポールは格別」 | トップページ | モナコGPはロズベルグ(メルセデスAMG)がポールTOウィン »

2014/05/25

ロズベルグ、ピレリP Zeroレッド・スーパーソフトでポールを獲得

(C)Pirelli Motorsport
拡大します

2014 モナコグランプリ 予選

・ドライレースが見込まれる明日の決勝では、1回のみのストップが予想される
・セーフティーカー導入率80%を視野に入れた柔軟な戦略が必要

2014年5月24日、モナコ

メルセデスのニコ・ロズベルグが、偉大な父ケケ・ロズベルグの記録を超えるキャリア通算6回目のポールポジションを獲得しました。初登場の2014年型ピレリP Zeroレッド・スーパーソフトを使用した今シーズン初のポールポジションとなります。

昨年もモナコでポールを獲得したロズベルグは、P Zeroイエロー・ソフトタイヤでQ1を通過し、Q2とQ3で2セットのスーパーソフトタイヤを使用しました。しかし、両タイヤの摩耗とデグラデーションは最小限度で、大半のドライバーが決勝では1ストップのみになることが予想されるため、タイヤの温存は優先事項ではありませんでした。

タイヤは、大接戦のレースに非常に大きな影響を及ぼします。しかし、歴史的にモナコではセーフティーカー導入率が80%と高く、昨日のGP2レースで見られたようにレースの中断もあり得ます。したがって、起こり得るあらゆる事象に即座に対応するには柔軟な戦略が必要になります。潜在的な勝利の戦略は、フリー走行で収集されたタイヤデータに基づいて決定されることから、本日午前中に行われたFP3セッションもまた特に重要となりました。

木曜日に行われたFP2はダンプコンディションによる影響を受けたため、ドライバーたちは、多様な燃料搭載量で両タイヤでのドライレースペースを決定するためにFP3を活用していました。FP3では、ハミルトンが最速タイムを記録しました。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「ここモナコでは、両コンパウンドともに昨年よりもやや硬めのスーパーソフトとソフトコンパウンド間でラップあたり約1秒の性能差となっています。スーパーソフトを使用した場合でも、ベストタイムが2回目のフライングラップで計測される傾向にありました。特に上位勢はスーパーソフトで大接戦となることが明らかですから、レース戦略、中でもピットストップのタイミングが、モナコグランプリの結果を大きく左右する可能性があります。予想通り、大幅な路面の改善が見られ、各セッションの終了間際に最速タイムが計測されました。明日の決勝も好天が予想されているため、引き続き路面の改善は進み、終盤での最速タイム更新のパターンは継続するでしょう」

ピレリの戦略予測:
78周で争われるモナコグランプリでは、マシンスピードとレースの状況によって、1ストップもしくは2ストップが予想されます。1ストップは可能ですが、もしマシンスピードが速く、オーバーテイクの機会があれば、2ストップのスプリント戦略が機能する可能性があります。モナコはオーバーテイクが困難であることで知られており、加えてセーフティーカー導入率が高いため、予測は極めて困難です。柔軟な戦略が常に実を結びます。

我々の計算上の予測は、明らかに1ストップが最速戦略ですが、スーパーソフトでの走行が限定的だったため、この戦略が完全に確実であるとは言い切れません。予測戦略は下記の通りです。

スーパーソフトでスタート、30周でソフトへ交換。

Pi

|

« ロズベルグ(メルセデス)、「モナコでのポールは格別」 | トップページ | モナコGPはロズベルグ(メルセデスAMG)がポールTOウィン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59701697

この記事へのトラックバック一覧です: ロズベルグ、ピレリP Zeroレッド・スーパーソフトでポールを獲得 :

» F1モナコGP(2014 R6) [UKYOのつぶやき]
F1第6戦モナコGP! [続きを読む]

受信: 2014/05/25 23:27

« ロズベルグ(メルセデス)、「モナコでのポールは格別」 | トップページ | モナコGPはロズベルグ(メルセデスAMG)がポールTOウィン »