« 存在感薄い? フェラーリ・チーム新代表 | トップページ | ダニエル・リカルド、すでに来季レッドブル残留確実 »

2014/05/17

レッドブル、旧A-1リンクのコーナー名変更で意趣返し

N.Rosberg & N.Lauda (C)Mercedes Motorsports
拡大します
レッドブルは以前エステルライヒリンク(その後A-1リンク)と呼ばれたオーストリアの由緒あるサーキットを購入、改修を加えた上で現在はレッドブルリンクとして所有しているが、いくつかのコーナー名を変更、これが話題を呼んでいる。

その一つ、ピレリと名称変更されたコーナーはかつてニキ・ラウダ・カーブと呼ばれたところ。
もちろんこれは地元オーストリアのヒーローで元3回のチャンピオンに輝いたニキ・ラウダ氏(65歳:オーストリア)を讃えてのものだったが、現在はライバルチームであるメルセデス・モータースポーツの幹部であることからそれに対する意趣返しではないか、との見方がされているもの。

レッドブルリンク側では「単に有力なスポンサーからオファーがあったから」と釈明しているが、不自然な弁明と受け止められている。
これについて当のラウダ氏は、「今年のオーストリアGP(レッドブルリンク)でメルセデスAMGが1-2勝利してあげるさ」と、切り返している。

|

« 存在感薄い? フェラーリ・チーム新代表 | トップページ | ダニエル・リカルド、すでに来季レッドブル残留確実 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59655896

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル、旧A-1リンクのコーナー名変更で意趣返し:

« 存在感薄い? フェラーリ・チーム新代表 | トップページ | ダニエル・リカルド、すでに来季レッドブル残留確実 »