« ビアンキ(マルシア)、「可夢偉とのバトル楽しんでる」 | トップページ | 開幕4戦中3度目のウェットで行われた予選となる (ピレリ) »

2014/04/20

中嶋一貴組/トヨタ、0.005秒差のWEC開幕戦ポール

Alex Wurz & 中嶋 一貴 & Stephane Sarrazin (C)Toyota Motorsports
拡大します
元ウィリアムズ・チーム等のF1ドライバーである中嶋一貴が搭乗した2014年仕様のトヨタ『TS040 HYBRID』7号車(ブルツ/中嶋/サラザン)が、19日(土)行われた今季開幕戦「シルバーストーン6時間レース」の公式予選でみごとポールポジションを奪取した。
もう1台の8号車(デビッドソン/ラピエール/ブエミ)は5番グリッド。

中嶋一貴:「シーズンの開幕でポールポジションが獲得できたのはとてもうれしい。
ライバル勢とのタイム争いはとても接近していたので最後のアタックはもう死に物狂いだった。
チームのこれまでの苦労が実ったと思うけれど、ほんとうの戦いは明日。
決勝レースでは全力を尽くしたい」

予選結果はこちら

|

« ビアンキ(マルシア)、「可夢偉とのバトル楽しんでる」 | トップページ | 開幕4戦中3度目のウェットで行われた予選となる (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59498497

この記事へのトラックバック一覧です: 中嶋一貴組/トヨタ、0.005秒差のWEC開幕戦ポール:

« ビアンキ(マルシア)、「可夢偉とのバトル楽しんでる」 | トップページ | 開幕4戦中3度目のウェットで行われた予選となる (ピレリ) »