« フリー走行3回目はウェットコンディション | トップページ | 予選Q2、ライコネン、バトンらが脱落 »

2014/04/19

予選Q1、雨は止まず

中国GP公式予選Q1がスタート。
メルセデスAMGチームらの予想に反し、午後になっても雨は止むことなく路面を濡らし続け、予選は今シーズン3回目となるウェットコンディション絡みということになる。

すでに前戦バーレーンGPでのアクシデントによりグリッド5番降格のペナルティが決まっているマルドナド(ロータス)は、エンジントラブルということで走らず。

トップになったのはハミルトン(メルセデス)で1'55.518のタイム。
2番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、3番手ベッテル(レッドブル)、4番手ロズベルグ(メルセデス)、5番手ボタス(ウィリアムズ)、6番手リカルド(レッドブル)、7番手マッサ(ウィリアムズ)、8番手アロンソ(フェラーリ)、9番手クビアト(トロ・ロッソ)、そして10番手マグヌッセン(マクラーレン)の順。

ここで脱落となったのはグティエレス(ザウバー)、小林可夢偉(ケータハム)、ビアンキ(マルシア)、エリクソン(ケータハム)、チルトン(マルシア)、そしてノータイムのマルドナド(ロータス)の6台となった。

|

« フリー走行3回目はウェットコンディション | トップページ | 予選Q2、ライコネン、バトンらが脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59494812

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1、雨は止まず:

« フリー走行3回目はウェットコンディション | トップページ | 予選Q2、ライコネン、バトンらが脱落 »