« ザウバー首脳、「怪我がなくて何より」も…… | トップページ | メルセデスAMG首脳、「フェアなバトルに満足」 »

2014/04/07

多様なタイヤ戦略とセーフティーカーが接戦を演出 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2014 バーレーングランプリ 決勝
2014年4月6日、サヒール

ナイトレース中の温度下降につれて、ミディアムとソフト間の性能差は縮小
火曜日から、ケータハム、メルセデス、ウィリアムズが ピレリとともにバーレーンでタイヤテストを実施

近年のレース中で最も接戦となったバーレーングランプリでは、タイヤ戦略が中心となり、セーフティーカー導入後、残りわずか10周時点のリスタートがスリリングなフィナーレを演出しました。

リスタート後、首位を走るメルセデスのルイス・ハミルトンは、ミディアムタイヤを装着していました。チームメイトのニコ・ロズベルグは、ミディアムよりも速いソフトタイヤでフィニッシュする、ハミルトンとは異なる2ストップ戦略を採りました。ハミルトンは、理論的には遅いタイヤを使用していたにも関わらず、ファステストラップを記録したロズベルグを抑え、先週に続き連勝を果たすことができました。タイヤ戦略によって、速いコンパウンドを装着したドライバーが遅いコンパウンドのドライバーを追うという同様のバトルがトップ10圏内で展開されました。

しかし、日中の暑さの下ではラップあたり1秒以上存在したP Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroイエロー・ソフトタイヤ間の性能差は、57周の決勝中に路面温度が3℃下降した夜間の冷涼なコンディション下、大幅に縮小しました。

トップ6は2ストップ戦略を採用しました(中にはセーフティーカーに助けられたドライバーもいました)。レッドブルのダニエル・リカルドとセバスチャン・ベッテルは、それぞれ異なる戦略を採り、リカルドは13番グリッドのスタートから4位を、ベッテルは10番グリッドのスタートから6位を獲得しました。ベッテルは、ミディアムタイヤを装着してスタートした、わずか2名のドライバー中のひとりでした。

火曜日から、各チームは、今シーズン初のインシーズンテストを行います。2014年のレギュレーションにより、各チームは、インシーズンテスト中の1日を、ピレリとともに行うタイヤテスト専用日としなければなりません。ケータハムが火曜日に、メルセデスとウィリアムズが水曜日にタイヤテストを行います。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「タイヤ戦略とペース管理が決定的な役割を演じたバーレーンで、素晴らしい大接戦が展開されました。路面温度の下降によって、3ストップから2ストップへ戦略を変更したチームが見られました。レース終盤のセーフティーカー導入時、ドライバーたちは、それぞれ多様なタイヤ装着を行っていました。このような場合はいつもエキサイティングなフィニッシュを迎えます。これから、今シーズン初のインシーズンテストの準備を始めます。最新世代のマシンを使用して将来の開発のためのテスト機会を得ることは非常に有難いことですから、我々はその成果を楽しみにしています」

Pi2

Truth-O-Meter:

我々が予測した57周のレースでの最速戦略は3ストップ戦略でした。しかし、我々は2ストップも可能であるとして、次の戦略を示していました:ソフトでスタート、22周でソフトへ、44周でミディアムへ。この予測は、ハミルトンの戦略(ソフトでスタート、19周でソフトへ、41周でミディアムへ交換)と近いものでした。

Pi

|

« ザウバー首脳、「怪我がなくて何より」も…… | トップページ | メルセデスAMG首脳、「フェアなバトルに満足」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59428456

この記事へのトラックバック一覧です: 多様なタイヤ戦略とセーフティーカーが接戦を演出 (ピレリ):

» F1バーレーンGP(2014 R3) [UKYOのつぶやき]
F1第3戦バーレーンGP! [続きを読む]

受信: 2014/04/07 20:25

« ザウバー首脳、「怪我がなくて何より」も…… | トップページ | メルセデスAMG首脳、「フェアなバトルに満足」 »