« レッドブル首脳、「F1撤退説はナンセンス」 | トップページ | それでもヒュルケンバーグ、「レッドブルのマシンが最高」 »

2014/04/15

ステファーノ・ドメニカリ代表(フェラーリ)、辞任

Stefano Domenicali (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームは中国GPを前に、同チームの直接の責任者であるステファーノ・ドメニカリ代表が辞任したことを発表した。
シーズン真っ只中での首脳の変更は異例で、今季の不振を受けた事実上の更迭処分と受け止められている。

イタリア・イモラ出身のドメニカリ氏は1991年にフェラーリ・チームに加入。
2008年からはチーム代表として活躍してきたが、近年は不振、とりわけレギュレーションが大きく変更された今季は開幕3戦を終えランキング5位と成績が低迷し、その責任をとった形。

後任にはこれまで市販車部門に籍を置いていたマルコ・マッティアッチ氏が直ちに就任、さっそく今週の中国GPから指揮を執ることになる。
(現在は北米市場の責任者だが、かつて日本でも仕事をしたことがある)

|

« レッドブル首脳、「F1撤退説はナンセンス」 | トップページ | それでもヒュルケンバーグ、「レッドブルのマシンが最高」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59471893

この記事へのトラックバック一覧です: ステファーノ・ドメニカリ代表(フェラーリ)、辞任:

« レッドブル首脳、「F1撤退説はナンセンス」 | トップページ | それでもヒュルケンバーグ、「レッドブルのマシンが最高」 »