« タイヤ戦略が中心となったレースで、メルセデスがワンツー (ピレリ) | トップページ | フラインス(ケータハム)、バーレーンGPフリー出走へ »

2014/04/02

ストゥック氏、マッサ(ウィリアムズ)の行動に批判的見解

Hans Stuck (C)Audi Motorsport
拡大します
アウディ・モータースポーツで要職を務めるハンス・ストゥック氏(63歳:ドイツ)が、今回のマレーシアGP決勝レースで起きたウィリアムズ・チーム内の騒動について言及している。

「私には関係した者たちの気持ちが良くわかる。
私自身、現役時代チームオーダーにより後退させられたこともあるし、逆に恩恵を受けたこともあるからだが、私は常にそれに従ってきた。なぜならそれがチームというものだからだ。
現在の私はそうした指示を出す立場にあるが、それを考えるとマッサの今回の頑固な行動は理解できないね。
言われたほうは満足ではないだろうが、有り体に言えば彼らは従業員なのだから」

スポーツカードライバーとして成功したストゥック氏は、1970年代マーチ等のF1ドライバーとしても活躍した。
(最高位は1977年ドイツ&オーストリアの3位)

|

« タイヤ戦略が中心となったレースで、メルセデスがワンツー (ピレリ) | トップページ | フラインス(ケータハム)、バーレーンGPフリー出走へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59396248

この記事へのトラックバック一覧です: ストゥック氏、マッサ(ウィリアムズ)の行動に批判的見解:

« タイヤ戦略が中心となったレースで、メルセデスがワンツー (ピレリ) | トップページ | フラインス(ケータハム)、バーレーンGPフリー出走へ »