« バトン(マクラーレン)、メルセデスの速さに舌を巻く | トップページ | バーレーン合同テスト1日目タイム(4/08) »

2014/04/09

ロン・デニス氏は「排気音の増大」に懐疑的

R.Dennis & M.Whitmarsh (C)McLaren Group
拡大します
大きくエンジン・レギュレーションが変更された今年、開幕戦のオーストラリアGPから言われ続けていることはエクゾーストノートの変化だ。
エンジンがターボになったことや、ERS(エネルギー回生システム)等の影響もあってかこれまでより格段に静かになってしまい、モータースポーツの迫力が失われたと指摘されているもの。

そのためF1興業を仕切るバーニー・エクレストン氏を先頭に、エクゾーストノートの増大を図る動きが出ているが、これに対しマクラーレン・チームのロン・デニス/CEOは懐疑的のようだ。

「技術的には音量を増大させるのは容易なことだろう。
だが、そうした方向が、果たして今後の世代に向けて正しいものなのだろうか。
われわれは良く考える必要がある」

それでもFIA(国際自動車連盟)は「改善」に向けて今週にも動きをスタートさせようとしている。

|

« バトン(マクラーレン)、メルセデスの速さに舌を巻く | トップページ | バーレーン合同テスト1日目タイム(4/08) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59437369

この記事へのトラックバック一覧です: ロン・デニス氏は「排気音の増大」に懐疑的:

« バトン(マクラーレン)、メルセデスの速さに舌を巻く | トップページ | バーレーン合同テスト1日目タイム(4/08) »