« 優勝ハミルトン、「ロズベルグのほうが速かった」 | トップページ | 多様なタイヤ戦略とセーフティーカーが接戦を演出 (ピレリ) »

2014/04/07

ザウバー首脳、「怪我がなくて何より」も……

Monisha Kaltenborn (C)Sauber Motorsport
拡大します
6日(日)行われたバーレーンGP決勝レース中、ザウバー・チームのエステバン・グティエレスは後続のマルドナド(ロータス)に突っ込まれて宙を舞うという派手なアクシデントに見舞われた。
またスーティルのほうもビアンキ(マルシア)に突っ込まれてマシンを損傷させている。

これについてザウバー・チームのモニシャ・カルテンボーン/CEOは、「グティエレスのはたいへん大きなアクシデントでしたが、とにかく怪我がなかったことが何よりです。
いずれのケースもうちのドライバーに責任があるものではないとはいえ、マシンを2台共に失ったことはチームとして痛手になりました」と、頭を抱えた。

次は2週間後の中国GPになるが、フライアウェイでもあり今回の損害がチームにとって深刻なものになるのは容易に想像がつくことだ。

|

« 優勝ハミルトン、「ロズベルグのほうが速かった」 | トップページ | 多様なタイヤ戦略とセーフティーカーが接戦を演出 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59427521

この記事へのトラックバック一覧です: ザウバー首脳、「怪我がなくて何より」も……:

« 優勝ハミルトン、「ロズベルグのほうが速かった」 | トップページ | 多様なタイヤ戦略とセーフティーカーが接戦を演出 (ピレリ) »