« PPハミルトン(メルセデス)、「タフな公式予選だった」 | トップページ | リカルド(レッドブル)、「フロントロウは自分へのご褒美」 »

2014/04/20

ミス続いたロズベルグ(メルセデス)、「ブレーキに難」

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
前戦バーレーンGPではみごとポールポジションを獲得したメルセデスAMGチームのニコ・ロズベルグだが、今回の予選ではQ3でのアタックでミスが続き、不本意な4番グリッドに甘んじた。

「原因はブレーキだよ。
ブレーキの感触がまるで不満足なものだったんだ。
だからアタックラップでホイールロックするし、そのせいでコースアウトしてしまう。
そういう状況なのにリスクを承知でポールを狙いに行くからまたきついことにもなるしね。
でも予選4番手(2列目)は決して悪いものじゃないよ。
決勝レースでは何が起きるかわからないからね」

ただチームのパディ・ロウ/テクニカル・エグゼクティブディレクターは「ロズベルグにもペースはあったはずなのに、それをアタックラップで発揮できなかった」と手厳しい感想。

|

« PPハミルトン(メルセデス)、「タフな公式予選だった」 | トップページ | リカルド(レッドブル)、「フロントロウは自分へのご褒美」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59498641

この記事へのトラックバック一覧です: ミス続いたロズベルグ(メルセデス)、「ブレーキに難」:

« PPハミルトン(メルセデス)、「タフな公式予選だった」 | トップページ | リカルド(レッドブル)、「フロントロウは自分へのご褒美」 »