« 厳しい低温のコンディションの下、ソフトタイヤがスタート時に使用される (ピレリ) | トップページ | ハミルトン(メルセデスAMG)、「これまでで最高の状態」 »

2014/04/22

ロータス・チーム首脳、「予算制限案反対は不本意だった」

Gerard Lopez (C)Lotus F1 Team
拡大します
ジャン・トッドFIA会長が示した2015年からの導入を目指していた「F1予算制限案」は有力6チームの反対により挫折したが、その一員であるロータス・チームは、「反対は本位ではなかった」と内幕を暴露した。

これは同チームのジェラール・ロペス/オーナーが明らかにしたもので、「6チームのうち2チームは制限案に反対ではなかったが、最終的に反対することを強要された」というもの。

顔ぶれはレッドブル、フェラーリ、メルセデス、ロータス、マクラーレン、そしてウィリアムズの6チームだが、大資本の裏付けを持たないロータスとウィリアムズが不本意だった2チームとみられる。

なおもこの6チーム以外の「弱小チーム」らはいずれも予算制限に賛意を示していた。

|

« 厳しい低温のコンディションの下、ソフトタイヤがスタート時に使用される (ピレリ) | トップページ | ハミルトン(メルセデスAMG)、「これまでで最高の状態」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59510170

この記事へのトラックバック一覧です: ロータス・チーム首脳、「予算制限案反対は不本意だった」:

« 厳しい低温のコンディションの下、ソフトタイヤがスタート時に使用される (ピレリ) | トップページ | ハミルトン(メルセデスAMG)、「これまでで最高の状態」 »