« 中国GPでも心配は雨 | トップページ | 中国GPフリー2回目はハミルトン(メルセデス)最速 »

2014/04/18

中国GPフリー1回目はアロンソ(フェラーリ)が最速

Shanghai Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1は再びアジアに戻り、今週の舞台は中国GP。
18日(金)午前、フリー走行1回目セッションが行われた。
天候は曇り、路面コンディションはドライ、セッション開始時の気温15度、路面温度は18度と報告されている。
ウィリアムズはボタスに代えて第3ドライバー&テストドライバーのフェリッペ・ナスルを起用している。

途中軽い小雨がぱらつき、路面温度は上がらなかったがマシンはドライタイヤのままで走行が続けられた。
90分間のセッションを終え、トップタイムとなったのはアロンソ(フェラーリ)が記録した1'39.783。
これにロズベルグ(メルセデス)が0.698秒の差で続いている。
3番手はリカルド(レッドブル)、4番手バトン(マクラーレン)、5番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、6番手マグヌッセン(マクラーレン)、7番手ベルニュ(トロ・ロッソ)、8番手ハミルトン(メルセデス)、9番手ベッテル(レッドブル)そして10番手がマッサ(ウィリアムズ)だった。

上記ナスル(ウィリアムズ)は13番手と好走、ケータハムは小林可夢偉が17番手、エリクソンのほうは21番手。
またフェラーリのライコネンはセットアップに難があるとしてインストレーションラップのみでノータイムだった。

中国GP:フリー走行1回目の結果はこちら
中国GPの画像はこちら

|

« 中国GPでも心配は雨 | トップページ | 中国GPフリー2回目はハミルトン(メルセデス)最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59489148

この記事へのトラックバック一覧です: 中国GPフリー1回目はアロンソ(フェラーリ)が最速:

« 中国GPでも心配は雨 | トップページ | 中国GPフリー2回目はハミルトン(メルセデス)最速 »