« メルセデスAMG首脳、「フェアなバトルに満足」 | トップページ | メルセデス・エンジンのアドバンテージは配置に? »

2014/04/08

トッドFIA会長、2015年のF1予算制限を断念

Jean Todt (C)Redbull Racing
拡大します
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、2015年からの導入を目指していたF1予算制限について、これを断念したことを明らかにした。
これはバーレーンGPの会場で記者に語ったもので、今年6月に正式発表する予定だったこの案はチーム側の反対によって成立の見込みが立たなかったという。

それによればFIAとFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の他に、F1チーム側からレッドブル、フェラーリ、メルセデス、ロータス、マクラーレン、そしてウィリアムズら6チームだけが会議のメンパーを構成しているがこちらの了解が得られなかったためとのこと。
元々フェラーリ・チーム出身のトッド氏としては足元をすくわれた形だ。

ただ、これについてメンバーから外れているフォース・インディアらからは失望の声が聞かれている。
その低予算チーム、フォース・インディアが今回のバーレーンGPでメルセデス以外のチームをすべて退けたのは皮肉なことだ。

|

« メルセデスAMG首脳、「フェアなバトルに満足」 | トップページ | メルセデス・エンジンのアドバンテージは配置に? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59431987

この記事へのトラックバック一覧です: トッドFIA会長、2015年のF1予算制限を断念:

« メルセデスAMG首脳、「フェアなバトルに満足」 | トップページ | メルセデス・エンジンのアドバンテージは配置に? »