« クビアト(トロ・ロッソ)、非凡なところを見せつける | トップページ | 気温が20℃を下回ったフリー走行セッション ミディアムとソフト間の性能差は、ラップあたり1.5秒 雨が予想される明日の予選 (ピレリ) »

2014/04/19

新井康久氏(ホンダ)、FIA記者会見で意欲示す

新井康久氏

18日(金)行われた中国GPでのFIA(国際自動車連盟)記者会見に、2015年シーズンからF1にエンジン・サプライヤーとして復帰を果たすホンダの新井康久氏が出席した。

参加したのは他にチャーリー・ホワイティング(FIA)、パット・フライ(フェラーリ)、アンディ・コウェル(メルセデス)、ロブ・ホワイト(ルノー)といったそうそうたる顔ぶれ。
まだ参加していないメーカーのスタッフが記者会見に招かれるのは異例のことだ。

本田技術研究所取締役専務執行役員四輪レース担当という肩書きの新井氏は参戦に至った理由として「F1の新しいパワーユニットのグリーン・テクノロジーと、総合的なエネルギー管理がホンダの目指すところと一致」とした。
また2015年はマクラーレンとの間に独占供給契約があるが、2016年以降は他チームにも門戸を開いているとも語っている。

|

« クビアト(トロ・ロッソ)、非凡なところを見せつける | トップページ | 気温が20℃を下回ったフリー走行セッション ミディアムとソフト間の性能差は、ラップあたり1.5秒 雨が予想される明日の予選 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59493568

この記事へのトラックバック一覧です: 新井康久氏(ホンダ)、FIA記者会見で意欲示す:

« クビアト(トロ・ロッソ)、非凡なところを見せつける | トップページ | 気温が20℃を下回ったフリー走行セッション ミディアムとソフト間の性能差は、ラップあたり1.5秒 雨が予想される明日の予選 (ピレリ) »