« グティエレス(ザウバー)、次戦中国GPでは新シャシー | トップページ | ステファーノ・ドメニカリ代表(フェラーリ)、辞任 »

2014/04/14

レッドブル首脳、「F1撤退説はナンセンス」

D.Mateschitz & S.Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
レギュレーションが大幅変更された今季、思わぬ大不振を続けるレッドブル・レーシング。
このため同チームがF1から撤退するのでは、という噂が流れて関係者に緊張を走らせている。

そもそもこれは、レッドブル・グループの総帥ディートリッヒ・マテシス/オーナーがこの不振続きに「我慢にも限界がある」と語ったことから火が点いたもの。
しかしこれについて同陣営のモータースポーツ部門でレーシング・アドバイザーを勤めるヘルムート・マルコ博士は、「われわれの哲学はその分野で頂点を極めるということ。
モータースポーツでF1がトップであることは明白なことだ。
ここで尻尾を巻くいうことは、モーターレーシングから逃げ出すということで、そんなことはあり得ない」と、強調した。

とはいえ、マテシス氏の意向はすなわちレッドブルの意向。
殿の気分次第でどんなこともあり得る上に、F1ではすでに4回連続でタイトル獲得を果たしているのが現実だ。

|

« グティエレス(ザウバー)、次戦中国GPでは新シャシー | トップページ | ステファーノ・ドメニカリ代表(フェラーリ)、辞任 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59466293

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル首脳、「F1撤退説はナンセンス」:

« グティエレス(ザウバー)、次戦中国GPでは新シャシー | トップページ | ステファーノ・ドメニカリ代表(フェラーリ)、辞任 »