« ハース・フォーミュラ、「若手ドライバーにはアメリカン」 | トップページ | メルセデス、中国GPに「超ショートノーズ」採用か »

2014/04/17

F1チーム、アクティブ・サスペンション復活も視野に

Image (C)Honda Racing
拡大します
先にジャン・トッドFIA会長が提唱した予算削減案を拒否したF1チーム側(6チーム)だが、その一方で同じ目的のためアクティブ・サスペンションの復活を考えていることが明らかとなった。

アクティブ・サスペンションはかつてロータスが先鞭を付けて一時代を築いたが、現在のレギュレーションでは禁止されている。
しかしチーム側によれば、現代のメカニカルでコントロールされるサスペンションは高度に進化してコストが増大しており、むしろ電子制御でコントロールされるアクティブ・サスペンションのほうが費用対効果が高いのだという。

チーム側は他にも18インチのホイールの導入などいくつもの提案を用意しているということで、5月1日にはこれらの検討会議を行うということだ。

|

« ハース・フォーミュラ、「若手ドライバーにはアメリカン」 | トップページ | メルセデス、中国GPに「超ショートノーズ」採用か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59482966

この記事へのトラックバック一覧です: F1チーム、アクティブ・サスペンション復活も視野に:

« ハース・フォーミュラ、「若手ドライバーにはアメリカン」 | トップページ | メルセデス、中国GPに「超ショートノーズ」採用か »