« 多様なタイヤ戦略とセーフティーカーが接戦を演出 (ピレリ) | トップページ | トッドFIA会長、2015年のF1予算制限を断念 »

2014/04/08

メルセデスAMG首脳、「フェアなバトルに満足」

Mercedes AMG Duo (C)Mercedes Motorsports
拡大します
バーレーンGP決勝レース終盤、同じチームメイト同士ととは思えない激しいバトルを演じたメルセデスAMGのハミルトン&ロズベルグだったが、チーム首脳は「終始フェアなバトルだった」と評価した。

これは同チームでエクゼクティブ・ディレクターを務めるパディ・ロウ氏が語ったもの。
「私が彼らに明確なチームオーダーを出したことはない。
ただ残り10周の時点で『共に無事に戻ってくるように』と伝えただけ。
彼らは互いにきちんと相手のスペースを残していたし、あれはわれわれのレーシング・スピリットの中でのフェアなバトルというものだった。
私は彼らの戦いに満足しているよ」と、英国人。

とはいえ、マシンを降りたロズベルグ(2位)の表情は明らかに堅いものだった。

|

« 多様なタイヤ戦略とセーフティーカーが接戦を演出 (ピレリ) | トップページ | トッドFIA会長、2015年のF1予算制限を断念 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59431948

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMG首脳、「フェアなバトルに満足」:

» F1バーレーンGP(2014 R3) [UKYOのつぶやき]
F1第3戦バーレーンGP! [続きを読む]

受信: 2014/04/08 21:21

« 多様なタイヤ戦略とセーフティーカーが接戦を演出 (ピレリ) | トップページ | トッドFIA会長、2015年のF1予算制限を断念 »