« 新井康久氏(ホンダ)、FIA記者会見で意欲示す | トップページ | フリー走行3回目はウェットコンディション »

2014/04/19

気温が20℃を下回ったフリー走行セッション ミディアムとソフト間の性能差は、ラップあたり1.5秒 雨が予想される明日の予選 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2014 中国グランプリ フリー走行
2014年4月18日、上海

冷涼なコンディションとなった今日のフリー走行、雨の可能性がある明日の予選など、中国グランプリのレース週末は天候がタイヤ動作に大きな影響を及ぼしそうです。午前中に行われたフリー走行1回目(FP1)では、気温が13℃まで低下し、やや暖かくなった午後のフリー走行2回目(FP2)では、気温15℃というコンディションでした。

このため、ドライバーたちは、タイヤのベストな性能を引き出し、グレイニングを防止すべく、適切なタイヤのウォームアップを確実に行う必要がありました。コンパウンドをウォームアップするために、ドライバーたちは、アウトラップ中に徐々にタイヤに熱を入れていかなければなりません。その結果、コンパウンドは路面を掴むグリップを生成します。グレイニングは、タイヤが十分なグリップを供給することなくスライドする際に発生し、トレッド表面に波上の摩耗を生成します。フリー走行中にグレイニングが発生したドライバーも見られましたが、その発生は想定の範囲内のレベルでした。

ピレリジャパン・プレスリリース

ポール・ヘンベリーのコメント:「今日の両コンパウンド間の性能差は、非常に大きなものでした。チームによって差はありますが、ラップあたり1.4~1.8秒の性能差が見られました。シーズン中の今後のレースで予想される気温よりも大幅に低い気温となったため、今回は極めて例外的な状況と言えます。また、明日は雨の可能性もあり、今週末を通して天候が明らかに大きな要素となるでしょう。グレイニングの発生が見られましたが、この状況下では想定の範囲を超えるものではありません。今晩、全てのデータを分析しますが、これまでのところ、ソフトタイヤでは約20周、ミディアムタイヤでは約25周の走行が可能と見ています。ミディアムタイヤのデグラデーションは、ソフトタイヤのデグラデーションの半分ほどです。すなわち、ソフトタイヤがレース中のラップあたり約0.3秒ずつ遅くなる一方、ミディアムタイヤはラップあたり約0.15秒ずつ遅くなります。ここまで見た限り、日曜日の決勝では2~3回のピットストップとなるでしょう」

Pi

P Zeroマガジンの紹介:
今年、ピレリは新しいP Zeroマガジンというサイトを立ち上げました。ここでは、中国グランプリの豆知識や、ピレリに関する世界の出来事を、過去、現在、未来に渡って紹介しています。週末を通してアップデートされるビデオやその他インタラクティブなコンテンツを含む、このダイナミックな新しいマガジンは、ピレリのウェブサイトから、もしくは右のリンクからアクセスできます。http://magazine.pzero.com

今日の豆知識:
ピレリのYanzhou工場(中国内に2つあるピレリの工場のひとつ)は、ピレリグループの全22工場の中で最大の規模です。この工場における乗用車用タイヤの最大生産能力は、1,000万本/年に達します。

|

« 新井康久氏(ホンダ)、FIA記者会見で意欲示す | トップページ | フリー走行3回目はウェットコンディション »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59493935

この記事へのトラックバック一覧です: 気温が20℃を下回ったフリー走行セッション ミディアムとソフト間の性能差は、ラップあたり1.5秒 雨が予想される明日の予選 (ピレリ):

« 新井康久氏(ホンダ)、FIA記者会見で意欲示す | トップページ | フリー走行3回目はウェットコンディション »