« バーレーンGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス) | トップページ | 闘病ミハエル・シューマッハ氏に意識回復の兆し »

2014/04/05

フリー2回目もメルセデス勢最速 小林可夢偉は21番手

Bahrain Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
4日(金)午後6時(日本時間:午前0時)からバーレーンGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
引き続きドライコンディション、気温は1回目の25度から22度へ、また路面温度は46度から27度まで低下した中始められた。

90分間のセッションを終え、ここでもトップとなったのはメルセデスAMGのルイス・ハミルトンだった。
そのベストタイムは午前の1'37.502から大幅にタイムアップした1'34.325。
そして2番手もまた僚友のロズベルグが0.365秒差でつけ、メルセデスAMG勢のスピードをみせつけた。
3番手も午前と同じくフェラーリのアロンソ、4番手はレッドブルのリカルド、以下5番手マッサ(ウィリアムズ)、6番手バトン(マクラーレン)、7番手ベッテル(レッドブル)、8番手クビアト(トロ・ロッソ)、9番手マグヌッセン(マクラーレン)、10番手がペレス(フォース・インディア)だった。

ボタス(ウィリアムズ)は11番手だが、僚友マッサと共にまだ本格的なアタックをした様子はない。
フェラーリのライコネンは14番手。
ロータスのマルドナド&グロージャンは17-18番手で、グロージャンはエンジンのミスファイヤを訴えた。
またケータハムは小林可夢偉21番手、エリクソン22番手と最後尾。
そのエリクソンはセッション最後にストップしているが、トータル30周を走行、可夢偉も33周を走破した。

バーレーンGP:フリー走行2回目の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

|

« バーレーンGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス) | トップページ | 闘病ミハエル・シューマッハ氏に意識回復の兆し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59413392

この記事へのトラックバック一覧です: フリー2回目もメルセデス勢最速 小林可夢偉は21番手:

« バーレーンGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス) | トップページ | 闘病ミハエル・シューマッハ氏に意識回復の兆し »