« ヤルノ・トゥルーリ、「フォーミュラE」マシンをテスト | トップページ | ルノー・スポール、「問題のほとんどは解決できた」 »

2014/03/26

ハミルトン(メルセデス)、「エンジンの無事を祈るだけ」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
開幕戦オーストラリアGP決勝レース、予選でポールポジションを得ながらもいきなりエンジントラブルにより戦列を去ったルイス・ハミルトン(メルセデス)にとって、そのエンジンが無事かどうかは今シーズンの行方にも影響する大問題だ。

というのも、今シーズンは予定される19戦を年間5基のエンジンでまかなわなければならないことが定められているからだ。
もしたった1戦で貴重な1基を失うことになれば、シーズン前今季王者の最右翼に目されたハミルトンにとって大打撃になることは間違いない。

オーストラリアGP後、チームはエンジンが無事であるとの見方を明らかにしているが、実際にコースに出てみなければ真相はわからない。
ハミルトンにとって、金曜日フリー走行のインストレーションラップはさぞスリルあるものになることだろう。

|

« ヤルノ・トゥルーリ、「フォーミュラE」マシンをテスト | トップページ | ルノー・スポール、「問題のほとんどは解決できた」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59357127

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)、「エンジンの無事を祈るだけ」:

« ヤルノ・トゥルーリ、「フォーミュラE」マシンをテスト | トップページ | ルノー・スポール、「問題のほとんどは解決できた」 »