« 小林可夢偉(ケータハム)、それでも納得の最終日 | トップページ | ケータハムF1代表、「小林可夢偉の貢献は期待通り」 »

2014/03/03

ハミルトン(メルセデス)、トラブルも最速タイム

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
好調が続くメルセデス・エンジン搭載チームの中でも、本家メルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンが最終日に意地をみせトップタイムでシーズン前最後のテストを締めくくった。

この日早朝『W05』に見つかったギヤボックス関連のトラブルで、ハミルトンは実に3時間半以上に渡ってガレージ待機を強いられたが、その後記録した1'33.278というタイムは前日同じくメルセデス・エンジンを積むウィリアムズのフェリッペ・マッサが記録した通算ベストタイムにわずか0.02秒差にまで迫るものだった。

「間違いなくこれまで僕が経験した中でも一番チャレンジングなプレシーズンだった。
すべてのスタッフが懸命な仕事を重ねてきたけれど、ウチばかりでなくみんなマシンはまだ発展途上。
『準備万端』だなんて言えるチームはどこにもないだろう。
メルボルンの開幕戦が果たしてどんなものになるのか見当もつかないよ」と、今年9年目のシーズンを迎える元チャンピオン。

その注目第1戦オーストラリアGPはいよいよ来週14日(金)に開幕だ。

|

« 小林可夢偉(ケータハム)、それでも納得の最終日 | トップページ | ケータハムF1代表、「小林可夢偉の貢献は期待通り」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59229190

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)、トラブルも最速タイム:

« 小林可夢偉(ケータハム)、それでも納得の最終日 | トップページ | ケータハムF1代表、「小林可夢偉の貢献は期待通り」 »