« 小林可夢偉(ケータハム)、「チームにとって良い結果」 | トップページ | PPハミルトン(メルセデス)、通算記録でN.マンセルに並ぶ »

2014/03/16

ライコネン(フェラーリ)、「理解できないスピンアウト」

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今回のオーストラリアGP公式予選では3人のF1チャンピオンがQ2で敗退するという椿事が起きたが、中でもフェラーリ・チームのキミ・ライコネンは突如スピンしてウォールにヒットするという信じられないものだった。
これについて本人は次のようにその背景を説明している。

「自分でもなぜだか理解できないよ。
だってあの時僕は別にアタックしていた訳ではなく、スローダウンのラップだったんだから。
ストレートでインパネのスイッチをいじっていたら、突然ホィールスピンしてしまいそれでコントロールできなくてウォールにヒットしてしまったんだ」と、ライコネン。

ただ、「このアクシデントがなくてもQ3には進めなかっただろうと」、2007年のチャンピオンは控え目に古巣最初の予選を振り返った。

|

« 小林可夢偉(ケータハム)、「チームにとって良い結果」 | トップページ | PPハミルトン(メルセデス)、通算記録でN.マンセルに並ぶ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59299879

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン(フェラーリ)、「理解できないスピンアウト」:

« 小林可夢偉(ケータハム)、「チームにとって良い結果」 | トップページ | PPハミルトン(メルセデス)、通算記録でN.マンセルに並ぶ »