« セパン・サーキット首脳、タイミングの悪さ嘆く | トップページ | 失格に抵抗のレッドブル、しかし孤立無援の様相 »

2014/03/20

ホンダ技術者、抜かりなく開幕戦を視察

新井 康久 (C)Honda Racing
拡大します
2015年シーズン前テストからのF1エンジン・サプライヤー復帰を宣言しているホンダにとって、今シーズンの他陣営の様相は直接戦績に影響するだけに関心があると思われるが、これを裏付けるように先の開幕戦オーストラリアGPには二人のホンダ担当エンジニアの姿が確認されたということだ。

これはドイツの専門誌『スピード・ウィーク』が伝えたもので、それによれば目撃されたのは新井康久氏と櫻原一雄氏とのこと。
新井氏はホンダのモータースポーツではお馴染み、本田技術研究所の四輪レース担当取締役。
また櫻原氏も技術部門でF1活動を支えるキーマンとみられる。

メディアに目標を聞かれた新井氏は、「もちろん参戦するからには勝利すること。
そのためにわれわれはマクラーレン・チームと組んだ」と、意欲をみせたという。

|

« セパン・サーキット首脳、タイミングの悪さ嘆く | トップページ | 失格に抵抗のレッドブル、しかし孤立無援の様相 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59323112

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ技術者、抜かりなく開幕戦を視察:

« セパン・サーキット首脳、タイミングの悪さ嘆く | トップページ | 失格に抵抗のレッドブル、しかし孤立無援の様相 »