« 「抗告はレッドブルに不利」と、エディ・ジョーダン氏 | トップページ | FIA、「燃料流量違反問題」公聴会の日程を発表 »

2014/03/22

ライコネン苦戦の原因はフライ・バイ・ワイヤーか

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
開幕戦オーストラリアGPで、再三マシンの姿勢を乱すなどしたキミ・ライコネン(フェラーリ)は、マシンのセットアップに難があったとみられたが、具体的にはフライ・バイ・ワイヤー・システムにあったとの見方が新たに伝えられている。

スロットルなどエンジンのコントロールを無線で行うフライ・バイ・ワイヤー・システムは以前からF1には採用されているが、今回問題と指摘されているのはブレーキの無線コントロールに関わるもの。
チームはもちろんその詳細を明らかにしていないが、ライコネンの場合リヤブレーキ・システムのセットアップに問題があったとみられている。

これについて2007年のチャンピオンは、「開幕戦にこうした機械的なトラブルがあるのは必然的なもの。
次のマレーシアまでには解決されていると確信しているよ」と、ベテランらしく冷静だ。

|

« 「抗告はレッドブルに不利」と、エディ・ジョーダン氏 | トップページ | FIA、「燃料流量違反問題」公聴会の日程を発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59334090

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン苦戦の原因はフライ・バイ・ワイヤーか:

« 「抗告はレッドブルに不利」と、エディ・ジョーダン氏 | トップページ | FIA、「燃料流量違反問題」公聴会の日程を発表 »