« マルシアの大幅進歩はプレシーズンの驚き | トップページ | 絶不調レッドブル、それでもベッテルは契約更新か »

2014/03/06

エクレストン氏、次のグランプリはアゼルバイジャン

Azerbaijan Flag
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表としてF1開催に強い影響力を持つバーニー・エクレストン氏だが、次の開催候補地がアゼルバイジャンであることを明らかにした。
カスピ海に面したアゼルバイジャンは旧ソビエト連邦の一つで、すぐ北にロシアと国境を接している。

アゼルバイジャンが浮上したのは長年の盟友で首都バクーに高級ブティックを進出させた元ルノー・チーム代表フラビオ・ブリアトーレ氏の存在も関係しているとみられている。
英『タイムズ』紙によれば、開催は早ければ2015年、より可能性の高いのは2016年ということだが、国力としてもまたマーケットとしてもF1開催のレベルにあるのか疑問視する向きは多い。

|

« マルシアの大幅進歩はプレシーズンの驚き | トップページ | 絶不調レッドブル、それでもベッテルは契約更新か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59244858

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、次のグランプリはアゼルバイジャン:

« マルシアの大幅進歩はプレシーズンの驚き | トップページ | 絶不調レッドブル、それでもベッテルは契約更新か »