« エクレストン氏、「F1サウンド改善が必要」 | トップページ | リカルド(レッドブル)、「失格通知は衝撃だった」 »

2014/03/19

復調マクラーレン・チームに双頭政治の懸念

Ron Dennis (C)McLaren Group
拡大します
復活を期した2014年シーズン開幕戦で2-3位入賞という上々のスタートを切ったマクラーレン・チームだが、早くもパドックではこれに水を差す噂が持ち上がっている。

というのも同チームでは昨季の成績不振と経営悪化を受けて前チーム代表のロン・デニス氏がグループ総帥のCEO(最高経営責任者)に復帰。
またF1の現場責任者であるマーティン・ウィットマーシュ代表を更迭してロータス・チームからエリック・ブイユ氏を迎え入れてきた。

これを裏付けるように今回メルボルンのパドックではロン・デニス氏の姿がしばしばみられたが、これについて「マクラーレン・チームはエリック・ブイユ代表とロン・デニス/CEOとがぶつかる可能性がある」と、無責任な「期待」と共にささやかれているもの。

しかしこれについてF1生活30年以上を重ねるデニス氏は「私が再びピットウォール(現場の指揮所)に行くことはないよ」と、涼しい顔だ。

|

« エクレストン氏、「F1サウンド改善が必要」 | トップページ | リカルド(レッドブル)、「失格通知は衝撃だった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59317784

この記事へのトラックバック一覧です: 復調マクラーレン・チームに双頭政治の懸念:

« エクレストン氏、「F1サウンド改善が必要」 | トップページ | リカルド(レッドブル)、「失格通知は衝撃だった」 »