« 復調マクラーレン・チームに双頭政治の懸念 | トップページ | ライコネン(フェラーリ)、「F14Tはセットアップに難」 »

2014/03/19

リカルド(レッドブル)、「失格通知は衝撃だった」

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
チャンピオン・チームに移籍しての初戦、いきなり自己最高位となる2位表彰台で地元のファンから歓喜の声援を受けながら、その後になんと失格の通知を受けたレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは、「衝撃だった」とその時の様子を豪『ヘラルド・サン』紙に語った。

「あの歓喜の表彰台の余韻がまだ消えない深夜にスタッフから失格の知らせを聞いたんだ。
その時の心境? とても説明できるものじゃないよ。
でもチームはこれについて控訴するといっているので信じている。
専門的なことはわからないけれど、確信がなければチームだってそんなことしないだろうからね」

レッドブル以外にもFIA(国際自動車連盟)支給のセンサーに誤表示があったことを示唆するチームはあるが、それでも失格問題の結論がどうなるかは予断を許さない状況だ。

|

« 復調マクラーレン・チームに双頭政治の懸念 | トップページ | ライコネン(フェラーリ)、「F14Tはセットアップに難」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59317837

この記事へのトラックバック一覧です: リカルド(レッドブル)、「失格通知は衝撃だった」:

« 復調マクラーレン・チームに双頭政治の懸念 | トップページ | ライコネン(フェラーリ)、「F14Tはセットアップに難」 »