« リカルド(レッドブル)に厳罰、次戦降格ペナルティ | トップページ | 小林可夢偉(ケータハム)、「現時点で完走には満足」 »

2014/03/31

マグヌッセンとビアンキにはペナルティ・ポイント

Kevin Magnussen (C)McLaren Group
拡大します
マレーシアGPのレーススチュワード(競技審査委員)はまた、マクラーレンのマグヌッセンとマルシアのジュール・ビアンキに対し、それぞれ2点のペナルティ・ポイントを与えたことを明らかにした。

ペナルティ・ポイント・システムは今シーズンから導入された新しいシステムで、これまでとは変わってポイントを累計とし、合計12ポイントに達した時点で次のレースへの出走が禁じられることになっている。

オープニングラップでライコネン(フェラーリ)に接触したマグヌッセンはすでに5秒ピットストップが科せられていた。
またビアンキのほうはマルドナド(ロータス)との接触の責任を問われたもの。
なお今回のレースではボタス(ウィリアムズ)も予選セッションでの妨害行為で同じく2点のペナルティ・ポイントが科せられている。

|

« リカルド(レッドブル)に厳罰、次戦降格ペナルティ | トップページ | 小林可夢偉(ケータハム)、「現時点で完走には満足」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59385183

この記事へのトラックバック一覧です: マグヌッセンとビアンキにはペナルティ・ポイント:

» F1マレーシアGP(2014 R2) [UKYOのつぶやき]
F1第2戦マレーシアGP! [続きを読む]

受信: 2014/04/01 22:20

« リカルド(レッドブル)に厳罰、次戦降格ペナルティ | トップページ | 小林可夢偉(ケータハム)、「現時点で完走には満足」 »