« ホンダ技術者、抜かりなく開幕戦を視察 | トップページ | エクレストン氏、「F1グランプリは耐久レースじゃない」 »

2014/03/20

失格に抵抗のレッドブル、しかし孤立無援の様相

Fuel Flow Meter (C)Gill Senser
拡大します
FIA(国際自動車連盟)支給の燃料センサーに問題があるとして、失格の裁定を受けたダニエル・リカルドについて抗告の構えをみせるレッドブル・レーシングだが、意に反して各チーム間では孤立の様相になっている。

それによれば、メルセデスAMGやフェラーリなど有力チームが、レッドブルに足並みを揃えることなく今回の件ではFIAに従う方針をみせているためという。
仮にFIA支給のセンサーに問題があるとしても、チーム側が勝手にこれを独自のものと置き換えることは許されない。
さらに、レッドブル・レーシング内でもベッテルのマシンはFIAのものを使用していたとみられ、こうしたことも事態を複雑にしているようだ。

ちなみにセンサーを開発・受託生産している「ジル・センサー社」のマイク・ジル社長は、「われわれの製品はFIAの要求を満たしている」としている。

|

« ホンダ技術者、抜かりなく開幕戦を視察 | トップページ | エクレストン氏、「F1グランプリは耐久レースじゃない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59323239

この記事へのトラックバック一覧です: 失格に抵抗のレッドブル、しかし孤立無援の様相:

« ホンダ技術者、抜かりなく開幕戦を視察 | トップページ | エクレストン氏、「F1グランプリは耐久レースじゃない」 »