« ケータハムのテスト、「炎」と共にストップ | トップページ | バーレーン合同テスト3日目タイム(3/01) »

2014/03/01

レッドブル・ルノー、復活の兆しみせる

Pitstop Scene (C)RedBull Racing
拡大します
これまでのテストではトラブル続きで散々だったレッドブル・レーシングだが、28日(金)行われたバーレーン合同テスト2日目では、ダニエル・リカルドが全体の3番手、トップからのタイム差もわずか0.173秒というパフォーマンス、また周回数も66ラップを重ねてみせた。

マシンを降りたリカルドは、「昨日はオーバーヒートするなど散々だったけれど、今日の『RB10』はとても良かったね。
これまではトラブルへの対策が優先されて、ピットストップの練習すらできなかったんだ。
もちろんまだ改善すべき部分は多いけれど、確実にパフォーマンスが改善されているのが伝わってきたよ。
あと2日、残された時間を大切にしたいね」と、語っている。

|

« ケータハムのテスト、「炎」と共にストップ | トップページ | バーレーン合同テスト3日目タイム(3/01) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59217123

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・ルノー、復活の兆しみせる:

« ケータハムのテスト、「炎」と共にストップ | トップページ | バーレーン合同テスト3日目タイム(3/01) »