« FIA、2位入賞リカルド(レッドブル)に失格処分 | トップページ | レッドブル、FIA支給センサーの誤りを主張 »

2014/03/17

マクラーレン・チーム、皮肉なW表彰台

Kevin Magnussen (C)McLaren Group
拡大します
別掲のように開幕戦オーストラリアGPで2位入賞を果たしたダニエル・リカルド(レッドブル)が失格処分になったことにより、表彰台が1位ハミルトン(メルセデス)、2位マグヌッセン(マクラーレン)、そして3位バトン(マクラーレン)という顔ぶれになった。
(現実には上がっていないが)

これにより際立つのは昨季大不振で、開幕戦でも9位と11位に終わったマクラーレン・チームの「躍進」だ。
成績が良いのはもちろんチームにとって歓迎すべきことだが、頭が痛いのは好調のメルセデス・エンジン搭載は今年1年限りで、来年からはホンダ・エンジンに切り換えることがすでに確定していること。

日本のファンにとってもかつての栄光マクラーレン・ホンダは「期待のプロジェクト」だが、皮肉にも今年好調であればあるほど逆に来季にプレッシャーが掛かることになる。

|

« FIA、2位入賞リカルド(レッドブル)に失格処分 | トップページ | レッドブル、FIA支給センサーの誤りを主張 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59306766

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・チーム、皮肉なW表彰台:

» F1オーストラリアGP(2014 R1) [UKYOのつぶやき]
F1開幕戦オーストラリアGP! [続きを読む]

受信: 2014/03/17 20:27

« FIA、2位入賞リカルド(レッドブル)に失格処分 | トップページ | レッドブル、FIA支給センサーの誤りを主張 »