« リカルド(レッドブル)、「失格通知は衝撃だった」 | トップページ | セパン・サーキット首脳、タイミングの悪さ嘆く »

2014/03/19

ライコネン(フェラーリ)、「F14Tはセットアップに難」

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
開幕戦オーストラリアGPで、予選5位・決勝レースも4位に入ったチームメイト・アロンソに比べ、予選12位、決勝レースも7位と明らかに後れを取ったキミ・ライコネン(フェラーリ)は、「『F14 T』のセットアップに問題を抱えている」と、その事情を明らかにした。

「いまはまだセットアップに苦労している。
でも何をすべきかはだいたい掴めているつもり。
しかしそれらがすべて一晩でできるというものではないんだよ。
特定のパーツを作って対策しなければならないものもあるし、作業に時間が掛かるものもあるからね。
だから原因がわかっていても解決できない場合だってあるんだ。
ただ、長いF1生活の中では以前にもこうしたことはあったし、改善していく策は見えていると確信しているよ」と、2007年のチャンピオン。

|

« リカルド(レッドブル)、「失格通知は衝撃だった」 | トップページ | セパン・サーキット首脳、タイミングの悪さ嘆く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59318212

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン(フェラーリ)、「F14Tはセットアップに難」:

« リカルド(レッドブル)、「失格通知は衝撃だった」 | トップページ | セパン・サーキット首脳、タイミングの悪さ嘆く »