« マレーシアGP、天候の心配はスコール | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、開幕戦エンジンでスタートだが »

2014/03/28

ベッテル(レッドブル)も今年のF1サウンドには否定的

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
各方面で不評が伝えられる今年のF1サウンドだが、コクピットの内部からも否定的な見解が示された。
これは昨季まで4年連続でタイトルを獲得、王者として君臨するレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルが語ったもの。

「確かに今年のサウンドはマシンの内部から聞いていてもひどいものだったね。
モーターレーシングの頂点に立つF1というのはそもそも偉大なスペクタクルであって、中でもその地響きするようなサウンドは魅力の一つだと確信している。
僕自身、子供の頃にそう感じていたんだ。
ところが開幕戦ではピットウォールでも聞いていたけれど、バーにいるよりも静かだったよ」と、酷評したもの。

|

« マレーシアGP、天候の心配はスコール | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、開幕戦エンジンでスタートだが »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59367649

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(レッドブル)も今年のF1サウンドには否定的:

« マレーシアGP、天候の心配はスコール | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、開幕戦エンジンでスタートだが »