« ルノー・スポール、「問題のほとんどは解決できた」 | トップページ | ニキ・ラウダ氏、「新しい時代には新しいレーシング」 »

2014/03/27

レッドブル・オーナー、「F1撤退も辞さず」と強硬姿勢

D.Mateschitz & S.Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
開幕戦で2位入賞したダニエル・リカルドの失格を不満としてレッドブル・レーシングは正式に抗告をしているが、関係者の見方ではFIA(国際自動車連盟)の裁定は覆らないだろうとの見方が強い。

こうした状況について、レッドブル・グループを率いるディートリッヒ・マテシス/オーナーは、「今後のF1の方向性に納得できなければF1撤退も辞さない」との姿勢をみせているという。

「問題となっている燃料流量について、われわれはその誤りを正確に証明することができる。
スポーツはルールに則って行われるもので、それがないがしろにされるというのであれば、われわれはそこに参画する意義を見出せない」と、オーストリアの富豪は強硬のようだ。

|

« ルノー・スポール、「問題のほとんどは解決できた」 | トップページ | ニキ・ラウダ氏、「新しい時代には新しいレーシング」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59357956

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・オーナー、「F1撤退も辞さず」と強硬姿勢:

« ルノー・スポール、「問題のほとんどは解決できた」 | トップページ | ニキ・ラウダ氏、「新しい時代には新しいレーシング」 »