« 新世代のグランプリ開幕戦は2ストップに、マーブル、グレイニング、ブリスターは、昨年よりも全て減少 (ピレリ) | トップページ | 復調マクラーレン・チームに双頭政治の懸念 »

2014/03/19

エクレストン氏、「F1サウンド改善が必要」

AUSGP Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
開幕前に危惧されたように、今年のF1エンジンがV型8気筒からV型6気筒ターボに変更されエクゾーストノートが一変した。
そのあまりの迫力のなさに、開幕戦オーストラリアGPでは主催者が契約違反を口にする有り様だ。

これについて、かねと同様の指摘をしてきたFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏は、「F1がよりレーシングカーらしくあるよう改善が必要」と指摘している。

「私はモーターレーシングにはそれにふさわしいサウンドが必要だと思っている。
ましてやその最高峰と自負するF1においてや、だ。
そうした意味でオーストラリアGPの主催者が不満を訴えていることも理解しているし、多くのファンから同じメッセージを受けているのも承知している。
この件について何か改善策が講じられないか、ジャン・トッド(FIA会長)とも話をしているところだ。
すぐ次のグランプリで、というのは難しいが、早い時期に解決策を見出したい」

|

« 新世代のグランプリ開幕戦は2ストップに、マーブル、グレイニング、ブリスターは、昨年よりも全て減少 (ピレリ) | トップページ | 復調マクラーレン・チームに双頭政治の懸念 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59317587

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、「F1サウンド改善が必要」:

« 新世代のグランプリ開幕戦は2ストップに、マーブル、グレイニング、ブリスターは、昨年よりも全て減少 (ピレリ) | トップページ | 復調マクラーレン・チームに双頭政治の懸念 »