« 英専門誌、開幕戦の小林可夢偉にまずまずの評価 | トップページ | フェラーリ・パワーユニット、課題は「軽量化」 »

2014/03/23

闘病中のシューマッハ氏、体重20キロ減の報

Forza Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
昨年末に起きたスキー事故による負傷以来、闘病生活が続いているミハエル・シューマッハ氏について、体重が事故前に比べ20キロも減少していることが伝えられた。

これはドイツの『ビルト』紙が報じたもので、それによれば同氏の事故前の体重は約75キロあったということだが、現在は約55キロまで減少。
入院生活が続いているため身体を動かすことがなく筋肉が減少したものと推定されている。

残念ながら今回その他のインフォメーションについては伝えられていない。

|

« 英専門誌、開幕戦の小林可夢偉にまずまずの評価 | トップページ | フェラーリ・パワーユニット、課題は「軽量化」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闘病中のシューマッハ氏、体重20キロ減の報:

« 英専門誌、開幕戦の小林可夢偉にまずまずの評価 | トップページ | フェラーリ・パワーユニット、課題は「軽量化」 »