« 大不調レッドブル・レーシング、ヘレステスト早仕舞い | トップページ | ルノー・スポール首脳、「緊急事態」認める »

2014/02/01

マッサ(ウィリアムズ)、新天地で笑顔の締めくくり

Felipe Massa (C)Williams F1
拡大します
レギュレーションの大幅変更によりまだ各チーム間の戦力が見えない中、シーズン前最初となったヘレス合同テスト最終日をトップタイムで締めくくったのがウィリアムズ・チームのフェリッペ・マッサだった。

「ベストタイムだったといっても今日はウェットだったからね。
それでも新しいタイヤやパワートレーンでのこれまでと異なるマシンの挙動を理解するにはいいテストになった。
これまでの3日間より多くの周回ができたというのは大きいよね。
今の時期、とにかく少しでも多く走り込むというのが肝心なんだ」と、笑顔のマッサ。

またテストの責任者であるロッド・ネルソン/シニア・オペレーションズ・エンジニアも、「今日は多くのデータが得られたとても意義のある一日になった。
次のバーレーン合同テストでもさらにやることはあるし、それまでにまた進歩しているように準備を重ねなければならない」と前向きに振り返っている。

|

« 大不調レッドブル・レーシング、ヘレステスト早仕舞い | トップページ | ルノー・スポール首脳、「緊急事態」認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59048216

この記事へのトラックバック一覧です: マッサ(ウィリアムズ)、新天地で笑顔の締めくくり:

« 大不調レッドブル・レーシング、ヘレステスト早仕舞い | トップページ | ルノー・スポール首脳、「緊急事態」認める »