« 小林可夢偉、最終テストは初日と3日目を担当 | トップページ | バーレーン合同テスト走行予定リスト »

2014/02/27

メルセデス首脳、「テスト王者にはならない」

Toto Wolf (C)Mercedes Motorsports
拡大します
これまで2回に渡って行われたシーズン前テストではメルセデス・エンジン搭載勢の好調さが印象的。
とりわけ本家メルセデスAMGチームは最新のバーレーン合同テストをトップで終えるなど順調だ。

しかしこれについてメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは次のような慎重姿勢をドイツの通信社『DPA』の取材にみせている。

「確かに今の時点でわれわれが好調であるのは事実だ。
しかし当然のことながら他のチームもこれから巻き返してくるのは必至。
上位の戦闘力が拮抗するのは時間の問題さ。
そんなことはわかっている。
われわれは、歴史が繰り返したような『テスト王者』にならぬよう、開幕戦までにさらなるステップアップをしていくだけ」

順調そうにみえる同チームでも、まだ信頼性については不安ばかりなのだという。

|

« 小林可夢偉、最終テストは初日と3日目を担当 | トップページ | バーレーン合同テスト走行予定リスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59205627

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス首脳、「テスト王者にはならない」:

« 小林可夢偉、最終テストは初日と3日目を担当 | トップページ | バーレーン合同テスト走行予定リスト »