« P Zeroタイヤの性能は期待通り (ピレリ) | トップページ | ルノー・スポール、開発の遅れ認める »

2014/02/24

苦戦レッドブルに、さらなる試練か

Infiniti (C)Redbull Racing
拡大します
2014年シーズン、4年連続のチャンピオンとして臨みながらここまでのテストでは大不振。
メルセデス&フェラーリ勢に大きく遅れるばかりか、ルノー・エンジン搭載チームの中でも埋没するなど想定外の苦戦が続くレッドブル・レーシングだが、ここに来てさらなる試練が伝えられている。

これはドイツの専門誌『スポルト・ビルド』が伝えたもので、それによれば現在同チームのタイトル・スポンサーを務める『インフィニティ』が来年までの契約満了後、更改しない方針であるというもの。
マシンのカラーリング(紫)やチーム名(インフィニティ・レッドブル・レーシング)にも影響を及ぼす同社のスポンサー料は、年間4千万ユーロ(約56億4千万円)にも上ると推定されている。

|

« P Zeroタイヤの性能は期待通り (ピレリ) | トップページ | ルノー・スポール、開発の遅れ認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59188928

この記事へのトラックバック一覧です: 苦戦レッドブルに、さらなる試練か:

« P Zeroタイヤの性能は期待通り (ピレリ) | トップページ | ルノー・スポール、開発の遅れ認める »