« FIA、各チームにノーズの安全性データ提出を指示 | トップページ | フェラーリ新パワーユニット、燃費で優位との見方も »

2014/02/09

伊沢拓也(ホンダ)、「大きな責任あるチャレンジ」

伊沢 拓也 (C)Honda Racing
拡大します
今シーズン、F1登竜門とされるGP2シリーズに『ARTグランプリ』からの参戦が決まった伊沢拓也(29歳)が、ホンダの2014年モータースポーツ活動計画発表会でF1参戦への意欲をみせた。

「今年は僕自身にとっても、またホンダにとっても大きな挑戦の年になると思う。
僕はその使命を受け止め、これまで日本で学んだことを活かし、ライバルと戦ってこのプロジェクトを成功に導きたい」

言うまでもなく今回のGP2参戦は2015年からF1でパートナーを組むホンダとマクラーレンの連携によるもの。
今年6月には30歳になる伊沢拓也、F1を見据えるには決して若い年令ではないが、その両肩に掛かる期待は極めて大きい。

|

« FIA、各チームにノーズの安全性データ提出を指示 | トップページ | フェラーリ新パワーユニット、燃費で優位との見方も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59097330

この記事へのトラックバック一覧です: 伊沢拓也(ホンダ)、「大きな責任あるチャレンジ」:

« FIA、各チームにノーズの安全性データ提出を指示 | トップページ | フェラーリ新パワーユニット、燃費で優位との見方も »