« シャルル・ピック、ロータスの第3ドライバーに | トップページ | 最速マグヌッセン(マクラーレン)、「ほんとうに楽しい」 »

2014/02/21

小林可夢偉(ケータハム)、「前途多難だがチームは前向き」

小林 可夢偉 (C)Caterham F1 Team
拡大します
20日(木)のバーレーン合同テスト2日目に登場、トータル66ラップを周回して全体の6番手タイムを記録したケータハムF1の小林可夢偉は、「前途は多難だけれど、チームは前向き」と意欲をみせた。

「やっぱりこうしてF1マシンに戻れたのはうれしいね。
午前のセッションではテレメトリー・システムの問題で何度か中断を余儀なくされたけれど、それでも一日で66周できたので作業は進捗したと思う。
もちろん今の時期にタイムを比較するのは時期尚早。
それでもマシンのパフォーマンスを知るためにはタイムも重要なんだ。
チームはみんな前向きだよ」

相変わらずトラブルが多いルノー陣営において、ケータハムの66周走破というのは最もましな数字。
この日他のルノー・エンジン搭載チームではレッドブルが59周、トロ・ロッソが58周、ロータスは18周だけだった。

|

« シャルル・ピック、ロータスの第3ドライバーに | トップページ | 最速マグヌッセン(マクラーレン)、「ほんとうに楽しい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59171311

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ケータハム)、「前途多難だがチームは前向き」:

« シャルル・ピック、ロータスの第3ドライバーに | トップページ | 最速マグヌッセン(マクラーレン)、「ほんとうに楽しい」 »