« FIA(国際自動車連盟)、ありくいノーズ問題は先送りへ | トップページ | F1最高額ドライバーはアロンソ&ハミルトン »

2014/02/04

マクラーレン『MP4-29』のリヤサスも問題に?

McLaren『MP4-29』(C)McLaren Group
拡大します
2014年シーズン前最初のテストを終え、いくつかのチームで採用された『ありくいノーズ』が問題になっているが、一方でマクラーレン・チームの新型車『MP4-29』のリヤサスペンションについても他チームから疑義の声が上がっているようだ。

『MP4-29』のリヤサスペンション・アームには『ブロッカー』と呼ばれる付加物が装着されていて、これが昨年まで採用されたビームウィングのように空力効果を狙っていると指摘されているもの。
それによればこれにより低速ではダウンフォースを増すことに寄与、また高速ではドラッグの低減に役立つ優れものなのだという。

今のところ各チーム共に静観しているが、これが合法であれば一気に拡大する可能性もありそうだ。
『MP4-29』は今回のテストで終始好タイムをマークしている。

|

« FIA(国際自動車連盟)、ありくいノーズ問題は先送りへ | トップページ | F1最高額ドライバーはアロンソ&ハミルトン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59068451

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン『MP4-29』のリヤサスも問題に?:

« FIA(国際自動車連盟)、ありくいノーズ問題は先送りへ | トップページ | F1最高額ドライバーはアロンソ&ハミルトン »