« バトン(マクラーレン)、「GP2に負けないようにしなくては」 | トップページ | ライコネン(フェラーリ)の片腕ロバートソン氏、死去 »

2014/02/07

FIA(国際自動車連盟)とチーム、予選方式変更を検討

Nico Hulkenberg/PP (C)Williams F1
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は2014年シーズンのF1予選方式について、来たる2月21日(金)に各チームの担当者との会合を開き、システムの改善について検討を行うことを明らかにした。

現在の規定では、予選最終ピリオドで最後のアタックに使ったタイヤで決勝レースのスタートが義務付けられているため、あえてタイヤを温存したり場合によつてはまったく走らないケースなどがみられた。
これを例えばQ3に進出した場合でもQ2で最速タイムを記録したタイヤでレースをスタートするようにするなどの改革案が予想されているようだ。

規定の変更には全てのチームの合意が必要とされていて、この会議は次のシーズン前2度目のテストの舞台である当地バーレーンで行われる。

|

« バトン(マクラーレン)、「GP2に負けないようにしなくては」 | トップページ | ライコネン(フェラーリ)の片腕ロバートソン氏、死去 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59085033

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)とチーム、予選方式変更を検討:

« バトン(マクラーレン)、「GP2に負けないようにしなくては」 | トップページ | ライコネン(フェラーリ)の片腕ロバートソン氏、死去 »