« FIA、今月末にも2015年新規参戦チーム絞り込み | トップページ | ミハエル・シューマッハ、肺炎を併発か »

2014/02/13

F1予選改革案が具体化、バーレーンで議題に

Pastor Maldonado/PP (C)Williams F1
拡大します
かねて関係者の間で進められてきた公式予選・改革案が具体化、FIA(国際自動車連盟)から各チームに提案され検討が行われることになった。

それによれば新たな改革案は、戦略から予選Q3をあえて走らなかったり、タイヤの選択が恣意的に行われたりするのを防ぎ、最終予選がよりエキサイティングになることを狙ったもの。

イタリアの専門誌『アウトスプリント』が伝えるところによれば、予選用に限ってQ2ドライバーもQ3ドライバーも使用できるタイヤを1セット追加することや、これまでのようにトップ10のドライバーは決勝レースのスタートに使うタイヤをQ3で最後に装着したものに限定せず、それぞれQ2でベストタイムを出した時のタイヤでスタートすること。
また20分間だったQ1を18分に短縮する一方で、10分間のQ3は12分間に拡大すること等も提案されるということだ。

|

« FIA、今月末にも2015年新規参戦チーム絞り込み | トップページ | ミハエル・シューマッハ、肺炎を併発か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59122803

この記事へのトラックバック一覧です: F1予選改革案が具体化、バーレーンで議題に:

« FIA、今月末にも2015年新規参戦チーム絞り込み | トップページ | ミハエル・シューマッハ、肺炎を併発か »