« 依然トラブル続きのベッテル(レッドブル)、「満足の筈がない」 | トップページ | シューマッハの重傷事故にヘルメットカメラ原因説 »

2014/02/20

ケータハム『CT05』、「進歩」して小林可夢偉へ

Robin Frijns (C)Caterham F1 Team
拡大します
ルノー・エンジン搭載チームがいずれも相変わらずのトラブル続きで周回数を伸ばせない中、際だったのは小林可夢偉が今年所属するケータハムF1だった。
ルノー系列ではレッドブルが14周、ルノーは8周、トロ・ロッソも5周に留まる中、『CT05』を駆ったケータハムのテストドライバーであるロビン・フラインスは陣営で最多となる68ラップを周回して唯一気を吐いた。

「ヘレスの時と比べ、僕たちが大きく進歩したのは間違いないこと。
タイムについて語るのはまだ早いけれど、この時期これだけ多くの周回を重ねられたのは意味が大きいよ。
これでシーズン前に僕が走るのは最後になるけれど、今日は十分手応えの感じられるテストだったね」と、オランダの若者。

確実に進歩を遂げた『CT05』は、明日エース小林可夢偉の手に委ねられる。

|

« 依然トラブル続きのベッテル(レッドブル)、「満足の筈がない」 | トップページ | シューマッハの重傷事故にヘルメットカメラ原因説 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59166364

この記事へのトラックバック一覧です: ケータハム『CT05』、「進歩」して小林可夢偉へ:

« 依然トラブル続きのベッテル(レッドブル)、「満足の筈がない」 | トップページ | シューマッハの重傷事故にヘルメットカメラ原因説 »