« F1最高額ドライバーはアロンソ&ハミルトン | トップページ | 昨年のF1視聴者数激減が最終戦ポイント2倍の遠因 »

2014/02/05

最多周回こなしたメルセデスAMG、熟成に自信

Toto Wolf (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2014年シーズン前最初のテストとなった今回のヘレス合同テストで、最多の周回を重ねたのはメルセデスAMGチームだった。
同チームのハミルトン&ロズベルグはこの4日間、二人合わせて309周、トータル1,368キロを走破してみせている。

これについて同チームのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「チームはここまで全員が連日大変な量の仕事をこなしてきた。
それがこの実績に表れたのだと思っている。
今の時期はとにかく距離を重ねてあらゆるトラブルをあぶり出すのが重要だから、走れなくては話にならない。
周回を重ねることから信頼性は生まれるんだからね」と語り、暗にトラブル続きで走れていない王者レッドブル・レーシングを牽制した。

|

« F1最高額ドライバーはアロンソ&ハミルトン | トップページ | 昨年のF1視聴者数激減が最終戦ポイント2倍の遠因 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59068643

この記事へのトラックバック一覧です: 最多周回こなしたメルセデスAMG、熟成に自信:

« F1最高額ドライバーはアロンソ&ハミルトン | トップページ | 昨年のF1視聴者数激減が最終戦ポイント2倍の遠因 »