« 王者ベッテル(レッドブル)、バーレーン合同テスト欠場 | トップページ | ルノー・エンジン、シーズン中の仕様変更申請も »

2014/02/16

2013年のケータハム、マルシアよりも潤った

Caterham Renault 『CT04』 (C)Caterham F1 Team
拡大します
F1チームに支払われる賞金について、その詳細は昔から明確にされていないが、レース結果による直接の賞金の他、通常は前年のコンストラクターズ・ランキングに応じその10位までに巨額の金額が分配されるものと理解されている。

これでいくと昨季ランキング最下位の11位に留まったケータハムに比べ、10位に入ったマルシアのほうが多額の分配金を得た筈だが、しかし実際には逆転していたのだという。
というのも、これとは別に過去のチーム実績により支払われる部分があり、これではケータハムのほうがマルシアを上回っているためだ。

これはケータハムF1のトム・ウェブ/コミュニケーション責任者が明かしたもので、昨季同チームは10位以下だったにもかかわらずこのシステムにより約36億円もの金額を手にしていて、これはマルシアF1が得た10位の分配金より数倍高額になるという。

|

« 王者ベッテル(レッドブル)、バーレーン合同テスト欠場 | トップページ | ルノー・エンジン、シーズン中の仕様変更申請も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59141880

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年のケータハム、マルシアよりも潤った:

« 王者ベッテル(レッドブル)、バーレーン合同テスト欠場 | トップページ | ルノー・エンジン、シーズン中の仕様変更申請も »