« 自民党部会、『公道レース』実現に法案とりまとめ | トップページ | 『シューマッハ過激取材』に盟友サイヤン博士が警鐘 »

2014/01/01

「わずかながら改善の兆候」と、シューマッハ担当医師団

Grenoble University Hospital
依然として予断を許されない状況とされるミハエル・シューマッハ氏の容態について、グルノーブル大学病院の担当医師団は「わずかながら改善の兆候がみられる」との見解を明らかにした。

これは31日(火)に2度目の記者会見を行った際に示したものだが、「頭部のスキャンを行った結果、月曜日の状況と比べればわずかながら改善を兆しがあり、より患者をコントロールできている状態にはなっているものの、まだ到底危機を脱したと言えるレベルにはない」とし、依然困難な状況が続いていることを明らかにした。

|

« 自民党部会、『公道レース』実現に法案とりまとめ | トップページ | 『シューマッハ過激取材』に盟友サイヤン博士が警鐘 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58860035

この記事へのトラックバック一覧です: 「わずかながら改善の兆候」と、シューマッハ担当医師団:

« 自民党部会、『公道レース』実現に法案とりまとめ | トップページ | 『シューマッハ過激取材』に盟友サイヤン博士が警鐘 »