« ニコ・ロズベルグ、メルセデスAMGの新型車走らせた | トップページ | ザウバー・チーム、2014年新型車『C33』を発表 »

2014/01/26

フェラーリ首脳、「何より信頼性が重要ポイント」

Ferrari Factory (C)Ferrari S.p.A
拡大します
タイトル奪還に向け、満を持してF1フィールドに送り込んだ2014年新型車『F14 T』について、開発の責任者であるジェームズ・アリソン/テクニカル・ディレクターは「何よりも重要なポイントはマシンの信頼性にある」と強調した。

「マシン・レギュレーションが大きく変更される2014年シーズンは、何よりも信頼性が重要なポイントになると考えている。
ここ数年、F1ではレースを完走するのが当たり前になっていたが、今年の開幕戦など場合によっては完走できるのは半数にも満たないのではないか。
いまF1マシンに求められているのは、パワーよりも、空力よりも、とにかく最後まで走りきれる信頼性にあるのだ」と、アリソン氏。

そのフェラーリに復帰したキミ・ライコネンは、中でも完走率が高いことで知られるドライバーだ。

|

« ニコ・ロズベルグ、メルセデスAMGの新型車走らせた | トップページ | ザウバー・チーム、2014年新型車『C33』を発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59011248

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ首脳、「何より信頼性が重要ポイント」:

« ニコ・ロズベルグ、メルセデスAMGの新型車走らせた | トップページ | ザウバー・チーム、2014年新型車『C33』を発表 »