« 最速発表予定のマクラーレン、クラッシュテスト不合格 | トップページ | ザウバーの新型車発表は26日(日)インターネットで »

2014/01/18

初回テスト不参加のロータスがクラッシュテスト合格の皮肉

2013 Scene (C)Lotus F1 Team
拡大します
全チームの先陣を切って新型車発表予定であるマクラーレン・チームがFIA(国際自動車連盟)のクラッシュテストに不合格になった一方で、すでにシーズン前最初のテストを欠席する意向を明らかにしたロータス・チームのほうはこれとは対照的に同テストに合格したことがわかった。

同チームによれば、「2014年マシン『E22』の開発は順調だが、まだ気温の低い1月のスペインでテストをしても効果がない」と他チームを牽制している。
ただ、その実情はテストに掛かる巨額経費の削減にあるともみられているのだが。

同チームが頼りにしているとみられる『カンタム・グループ』(前インフィニティ・レーシング)との契約はまだ進展がみられない状況だ。

|

« 最速発表予定のマクラーレン、クラッシュテスト不合格 | トップページ | ザウバーの新型車発表は26日(日)インターネットで »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初回テスト不参加のロータスがクラッシュテスト合格の皮肉:

« 最速発表予定のマクラーレン、クラッシュテスト不合格 | トップページ | ザウバーの新型車発表は26日(日)インターネットで »